スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
インペリアル砂丘
- 2006/01/27(Fri) -
3週間程前ですが、砂漠に行って来ました。
この辺りの砂漠というと枯れ果てた荒野チックなイメージですが、
カリフォルニアにもサラサラな砂の砂漠があるというのでずっと行ってみたかった所。

Imperial (Algodones) Sand Dunes は北アメリカ最大の砂丘だそうです。
夏場は50度位にまでなるらしいので、冬になるのを待っていたんですね~
スコットの妹が来ていた時だったし、みんな砂漠を見たことないので行ってみる事に。

いつもの事だが私達は 余り いや、かなり計画性のない夫婦だ。
特にスコット!自分が運転するのにもかかわらず、道は何故か私任せ…
そんな訳で大体の行き方を覚えていた私の情報のみで何とも遅い2時過ぎに出発!

今日の記事は写真ばかりです。一緒にドライブ気分で見てね♪

060127-I8-1.jpg
前に住んでいたエルカホンを過ぎて、とにかく、東へ東へ(内陸)向かう。

060127-I8-2.jpg
左にチラっと見える看板はVIEJASのカジノアウトレット。何度か行きました。

060127-I8-3.jpg
サンディエゴシティ内では車線も多く(4~6レーン位)合流が恐ろしいフリーウェイ8だが、
ここまで来ると山道モードでゆったり♪

060127-I8-4.jpg
途中で沢山の風車が見えて来ました!無風で動いてなかったけど…

060127-I8-5.jpg
段々と景色がごつごつと岩っぽくなって来ましたよ。

060127-I8-6.jpg
サンディエゴ カウンティー(郡みたいなもの)を抜けてインペリアル カウンティーに入るのに
結構な山越えになるんだけど、山って言うよりはホント岩山?石山?
日本ではまず見ない景色。何だか工事現場みたいとか思ってしまった(笑)

060127-I8-7.jpg
山を越えたらやっと平地が見えて来て、もうすぐ?って思ったけど、ここからも長かった…

060127-111.jpg
フリーウェイを下りてから少し走った所で物凄い汚臭に襲われました。
信じられない程、沢山の牛!牛!牛!うーしー!くっさぁ~
気が狂うかと思いました。流石のスコットもこの数の牛には驚いていました。

060127-78.jpg
更に東へ走り続けて、やっとそれっぽくなって来たというのに日が暮れ始めてしまった。
私達が辿り着いた頃には真っ暗なんてオチは許されないだろうよ…

060127desert1.jpg
太陽を背に祈る思いで東へ東へ… お~、砂が砂がサラサラになってきた~


そして… 


060127060127desert2.jpg
着いた!ついに砂漠に着いた!

写真や言葉ではなかなか伝えられないけど、すっごく感動!
目の前に広がる砂の海に圧倒され、日本にはない大陸を感じました。
東京育ちの私は自然を見ると圧倒されがちですが、これは今までにない感覚でしたね。

おまけに出発がのんびりで良かった事は…


060127060127desert3.jpg
思いがけず砂漠でのサンセットが見れたんです!とっても綺麗でしょ!?

因みにサンディエゴからの距離なんと約240kmもありました。
往復で480km…500km近いのか、う~ん、スコットお疲れ様でした。

060127candle.jpg
記念に砂漠の砂を持ち帰り、キャンドルを灯してみました
スポンサーサイト
この記事のURL | San Diegoブラブラ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<スノーボード・1泊旅行 | メイン | シオンの添い寝>>
コメント
--
★花かつおさんへ
ようこそです♪コメントありがとうございます。
去年までSDにいらしたんですね~(^○^)
インペリアル砂丘へはずっと行きたかったんですけどね、遠そうだし何となく勢いがなくてやっと行って来ました。
また行ってみたいけど予想以上に遠かったですわ…。
本当はバギーとか見たかったんですが、出発が遅すぎました。
SDの穴場情報とか、よかったら教えて下さいね。
2006/01/30 21:39  | URL | ハル #-[ 編集] |  ▲ top

--
★しろたえさんへ
ドライブ気分を堪能して頂けて何よりでございます♪
私の感動を少しでも伝えられたらと…道中写真を載せてみました。
岩と石の山はホント何とも言えない感じでしたよ。
SDの東側辺りの山だと石と岩の間に少しでも草が生えているんですが、あの辺りは本当に岩と石だけの『茶色い世界』でした。
砂漠はとても幻想的で素晴らしかったです。
2006/01/30 21:29  | URL | ハル #-[ 編集] |  ▲ top

--
★Harryさんへ
はい、あんな感じです。でももっと岩と石の山の感じが凄かったですね。
いつもいつも写真を撮って残念に思うのが、
この辺の景色ってワイドな画面で見ないとスケール感が伝えられないという事。
SDは結構起伏が激しいので、普段も高速から「お~!」と言ってしまう景色が見れます。
でも写真を見ると全然「お~」って感じはしません(泣)
キャンドル素敵と言ってくれてありがとう☆です(^^)v
2006/01/30 21:15  | URL | ハル #-[ 編集] |  ▲ top

--
★ミュンコさんへ
そうですね~、こういう風景にはアメリカの広大さを見せつけられますね。
サラサラの砂丘というと日本ならやっぱ鳥取砂丘でしょうが、行った事がないのでね…
本当の砂漠を実際に見たのはこれが初めてでした。
砂漠というのはとてもとても幻想的です。
砂は本当にサラサラで着いた時はもう既にとても冷たかったですよ。
砂で遊んでいたら記念に持ち帰りたくなって、キャンドルは後から思いつきました。
実は距離は分かっていないで行ったんです(爆)
運転はホント1人で辛そうでした…。
2006/01/30 21:00  | URL | ハル #-[ 編集] |  ▲ top

--
ハルさん、みなさん、はじめまして、こんにちは。
花かつおと申します。

こちらでもリンクされているしろたえさんのHPから
飛んで参りました。

インペリアルサンドデューンの画像に脊髄反射で
書き込ませていただきます。
わたしも去年までサンディエゴに住んでおり、
こちらの砂漠は大好きな場所のひとつだったんです♪

お花の季節に行かれても、また格別ですよね。
我が家ではアンザボレゴ→サルトンシー→インペリアル
砂漠、というのがお決まりのコースでした。
ちと長いけど…(^^;)。

…ハッ! サンディエゴのローカルトピックスで
みなさん、申し訳ありません…。
さっそくブックマーク致しましたので、これからも
よろしくお願いいたします。それではよい1日を!
2006/01/29 21:12  | URL | 花かつお #-[ 編集] |  ▲ top

--
きーもーちーいい~っ♪
なんか本当にドライブ気分を、しかもせせこましい日本ではない雄大な景色を堪能いたしました。
むき出しの岩?石?の山、まるで別世界ですね。
そして、砂漠!! なんて幻想的なんでしょう~☆
サンセットも本当に素敵です!
2006/01/29 04:28  | URL | しろたえ #-[ 編集] |  ▲ top

--
砂漠でサンセットきれいですね。
しかし…アメリカは広いんだなぁ。
240キロの間あんな感じなんですか?

キャンドル素敵です♪
2006/01/28 02:50  | URL | harry #-[ 編集] |  ▲ top

--
やっぱりアメリカは広大ですね~。
風景のスケールが違うような感じです。
サラサラの砂漠、感激ですね~。
それにやっぱりサンセットは、幻想的ですね。
砂漠に落ちる夕日が砂漠に少し反射されて
いるところが特に綺麗だと思いました。
それに、砂漠の砂にキャンドルを灯す
だなんて、素敵過ぎですよ。
暖かくて優しいキャンドルの灯りは
砂漠の砂とピッタリですね~。
それにしても、往復ですごい距離を
走りましたね。
うちの主人もドライブが好きだけど
一日にこんなに走ったら、疲れて
しまいそうです。
本当に、旦那様ご苦労様でした。
2006/01/28 01:21  | URL | ミュンコ #zVpgn9mk[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://shionshome.blog18.fc2.com/tb.php/69-df12c82a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。