スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
オシキャットの魅力
- 2005/09/19(Mon) -
私とシオンの出会いについてはエキサイトでブログを始めた時に書きましたが、
今日は何故オシキャットに魅せられたのかを書こうと思います。

元々、豹とか虎が大好きだった私。子供の頃のお気に入りのぬいぐるみもチーターでした。
サファリパーク等のCMを見ては赤ちゃんを抱っこしたいと、ゴネたもんです(笑)
サーカス団員に憧れた事もありましたねぇ…。

ボブサップのペットとして有名になったサーバルキャットもステキですね☆

serval.jpg
でも普通に考えて
こんな肉食獣を私が飼うのは無理でしょう…


ですから、豹柄の猫はまさに私のツボでした。
一番最初に豹柄の猫の存在を知ったのは勿論ネコ図鑑とかの本から。
その時、3種類の斑点模様を持つネコを知りました。

日本で一番知られてるのはベンガルでしょうか?

rosetted.jpg
多分一番ワイルドな容姿のネコで
比較的大型になる猫だと思います。

次に知られているのはエジプシャンマウですかね?
叶姉妹も飼ってると聞いた事がある様なナイ様な…(定かではありません)

gambit.jpg
エジプシャンマウは唯一、
自然の斑点を持っている猫種らしい。
最後まで私が迷った種類です。

そして、日本では余り知られてないらしい種類がオシキャット。
我が家の王子シオンの種類ですね。
オシキャットについての詳しい説明はこちらからどうぞ☆

0e1c8110.jpg
私はこの色のオシキャットを見た瞬間から虜になりました。
エジプシャンマウと何が違うのかと言われると困るんですがね。
多分最初に見た写真のコが私のタイプだっただけかも(笑)

因みにこの写真のコは私が一目惚れしたオシではありません。


それからお台場キャッツリビンのオシキャット、エルフが可愛かったのも
私が惚れ込んだ理由の一つでしょう。
でもちょっとキャッツリビン価格は平民の私に買える値段ではありませんでしたね(泣)

私がオシキャットに興味を持った頃、日本で情報を得るのは大変でした。
でも最近は少し増えてきてる様です。

外見に一目惚れして飼う事にしたオシキャットですが、実際シオンと一緒に暮らして、
その懐っこい性格にとても癒されております。
犬派のスコットがシオンにメロメロになったのも、この猫らしくない性格が彼にとってとても良かったんだと思います。

このブログ内のリンクにある福まねきキャッテリー
日本で数少ないオシキャットのブリーダーさんのHPです。
福まねきキャッテリーの福ねこさんは私がブログを始めた頃から遊びに来てくれて、
貴重な情報やコメントを残してくれています。
日本でオシキャットに興味のある方は福ねこさんにお問い合わせを☆
価格もショップの3分の1位だそうですよ。

つい最近、
オシキャットのカラー紹介でシオンの写真を使用したいというご依頼を頂きまして、
王子はこの度モデルデビュー致しました(笑)
その晴れ姿はこちらからどうぞ
(※ 左メニューのcolor introductionから入って下さい。王子の色はブルーになります。)


スポンサーサイト
この記事のURL | オシキャットのシオン君 | CM(21) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。